洗い上がり

普段使うシャンプーには合成界面活性剤という成分が入っており、使用後はとても綺麗でさらさらになり、パーマなどで痛んでいる髪もなめらかな仕上がりになります。

ですが、この合成界面活性剤は人には良くない成分で頭皮や髪へトラブルを起こす問題にもなります。

無添加シャンプーは合成界面活性剤をはじめとする、人体に害を及ぼす物が含まれていないので、洗い上がりはごわついたりします。

でも、それが元々の髪であり、きしみなどはそれだけ自分の髪の毛が傷んでいる証拠だと言えるのです。

不満になる人もいると思いますが、レモンやお酢で簡単に作れるリンスを使ったり、無添加シャンプー用のリンスを使う事によって、元のきれいな髪質にできます。