洗い方のコツ

髪がもつれたりしないためにも、髪を濡らす前によくブラッシングしてください。

そして、いつもシャンプーするように髪の毛を濯ぎ濡らし、無添加シャンプーをよく泡立ててから使います。

泡立ちが悪い場合は、髪がベタベタしたような仕上がりになるので、泡だたない場合は再度洗ってください。

そして、シャンプーを洗い流すのですが、きちんと流して髪や頭皮を綺麗にする事が大切です。

洗い終わった後の髪の毛の状態が自分自身の今の髪なのです。