シャンプーの種類

一般的なシャンプーはだいたい3種類になります。

最もよくあるアルコール系のシャンプーで、合成界面活性剤が入っているのですが、主に動植物油脂や鉱油を成分として作られているので、強い力で綺麗にしてくれて脂性の人には向いているでしょう。

合成界面活性剤というのは、人体に悪影響を及ぼすもので、頭皮にももちろん良くありません。

使い続けることによって皮下に入り込む場合があり、内臓疾患やアレルギーなどの症状が出てしまう事もあります。

アミノ酸系のシャンプーにも同様に合成界面活性剤が使われているので、アルコール系のシャンプーと同じような不安もあるので良いとは言えないでしょう。

石鹸系の無添加シャンプーは、石油化学物質が含まれていないので、合成界面活性剤は入っていないので、子どもでも安心できるでしょう。

成分としては、脂肪酸ナトリウムなどの界面活性剤なので、他のシャンプーと洗浄力は強く、脂性でも問題ないです。

また無添加シャンプーは、人体に無害なだけではなく環境汚染に対しても配慮されていて、地球にも優しいシャンプーなのです。

もちろん、頭皮や体にも優しいシャンプーなので、赤ちゃんから皮膚が弱い人まで、家族で髪や体全体に安心して使えます。